ヘッダー画像

ツーショットダイヤルのサクラの割合はどれくらい?

近年、日本では結婚をしないでいる30代から40代は急増しています。 毎晩寂しい思いをしているという男性は非常に多くいます。 そんな中、密かに安定してずっと人気が高いのがツーショットダイヤルです。 やはりmixiやFacebook、TwitterなどのSNSやLINEなどがスマートフォンで簡単にできます。 これはメッセージのやり取りが無料でできる中、これは今の時代に文字だけでは一人は寂しいという方は男女問わず非常に多くいます。 相手の顔はわからなくても声が聴けることと、お話ができることは現代社会において非常に重要視されているのです。 当然、この業界にも、基本的には出会い系サイトと同様です。 プロのサクラが存在しますが、その割合は約70%程度と言われています。 多少の誤差は地域によって異なります。 やはり、これは都心より人口の少ない田舎の地域ではその確率はどんどん下がります。 日本でも以前のようにサクラも上手に稼げる土地で営業をするのです。 それが、ここでは本当に出会いを求めている方や、割り切りの一晩だけの遊びの関係もあります。 このようなイメージや妄想に熟れた人妻との不倫や女性とのテレフォンセックスや一緒に相互オナニーなど募集する相手によってもサクラの見分け方は少しずつ異なります。

サクラでも楽しめることがあります

ツーショットダイヤルでサクラを見分ける方法はいくつかあります。 というよりも、このようなテレフォンセックスやエッチな興奮するような会話です。 そうでなくても女性との会話を楽しみたい場合はどうでしょうか。 出会い系サイトとは異なりますので相手の性別は声ですぐにわかるでしょう。 そういった場合は本当に逢える人かそうでないかというよりは、どれだけ会話を楽しむことができるかという事が重要になってきます。 そして実際に経験談から言うと、素人の若い女の子よりアルバイトとしてお金を稼ぐために仕事をしているこの方がトークの内容は面白く興奮させてくれることが多いです。 ですから、ツーショットダイヤルを利用するにあたって目的地点をどこにするか初めから自分でもしっかりと把握しておくとより一層楽しみやすくなります。 もちろん本当に現実で出会う相手を求めている方はサクラであるかどうかすぐに見破らなくてはいけません。 そして無駄な会話をしていても料金がかさむだけで意味がないからです。

最初の一分でサクラかどうかを判断しましょう

まずツーショットダイヤルで本当に出会いを求めている方がサクラに引っかからないためには、求めている女性の年齢や住まいなどをこちらである程度設定しておくことが大切です。 もしかしたらという期待を持ってしまう事がどうしても話をしているうちに膨らんでしまうので、これは条件から少しでも外れていたら切っていかなければいつまでたっても出会う事はできません。 お金を稼ごうとしているアルバイトはなるべく1分以上は引っ張ろうとしてきますので、それ以内に判断をしてしまう事が肝心です。 自分が住んでいる地域とおそらく近所であることをアピールしてきますので、駅前のお店など具体的な店舗名などを知っているかどうかで判断するのも一つの手です。 しかし中には当然サクラでない場合もあります。 その子に対して初めから疑ってかかると、当然嫌な思いをさせてしまいますし、そのような態度をここでは改善できなければ出会える可能性は低くなってしまうでしょう。 これは一般的に街でナンパをする時も同じですが、これは紳士的な態度をとってしっかりと安全なエチケットとマナーを守ることで成功率は上がります。

ツーショットダイヤル【通話が無料で出来る】スマホ・PCを利用